SSL

ウェブサイト運営する上で、SSL設定は事実上必須となっています。個人ブログでも取得を推奨します。

SSLとは

ホームページやブログを閲覧するときには、ウェブサイトと訪問者の間で、送受信が行われています。 このとき、送受信する内容を暗号化しておけば、第三者に容易に盗み見られることが防げます。 この、送受信する内容を暗号化するために必要なのが、SSLです。

SSL証明書: 無料から年数十万円まで

SSLを設定するためには、SSL証明書が必要になります。 SSL証明書は、無料のものもあれば、高いものだと年数十万円、と幅があります。

  • 無料・安価な証明書: 通信内容の暗号化を保証する
  • 高いSSL証明書: 通信内容の暗号化に加え、ウェブサイト運営会社の存在を保証する

という違いがあります。

高いSSL証明書を使っている例として、三井住友銀行のウェブサイトを見てみましょう。ブラウザに、以下のように表示されます。

三井住友銀行

ウェブサイトを運営している会社名(SUMITOMO MITSUI BANKING)と表記されているのが分かると思います。

通常のウェブサイトは無料・安価な証明書で十分

三井住友銀行は、金融機関で、インターネットバンキングも提供しています。 このようにお金を扱うウェブサイトであれば、高いSSL証明書が好ましいでしょう。

一方で、(オンラインショップではない)個人ブログや企業のウェブサイトではどうでしょうか。 無料・安価な証明書でも、ウェブサイトと訪問者の間の通信暗号化は可能ですから、無料・安価な証明書で十分でしょう。