レンタルサーバー

WordPressを使ってウェブサイトを公開するにはレンタルサーバーが必要になります。

レンタルサーバーを契約する前に

WordPress対応かどうかを確認する

レンタルサーバーを契約する前に、WordPressが利用できるサーバーかどうかを確認しておきましょう。 サーバー会社のウェブサイトでWordPress対応と掲載されていれば安心です。

サーバー会社のウェブサイトではWordPress対応と明記されていない場合でも、利用できることがあります。

  • PHPが利用できる
  • MySQLデータベースが利用できる

となっていれば、そのレンタルサーバーではWordPressが利用できる可能性が高いです。

筆者が使っているレンタルサーバー

筆者が使っているレンタルサーバーを紹介します。

JETBOYレンタルサーバー

JETBOYレンタルサーバーは、早い段階からPHP7に対応していたので、利用させてもらっています。 ディスクはSSDということもあり、快適に閲覧・編集できます。 SSHによるリモートログインが許可されていないですが、バックアップなどはサーバー会社の管理画面から作成できるので、WordPressを運用する上では困ることはありません。

コアサーバー

コアサーバーは、安価でハイスペックなサーバーです。 私は15年ぐらい利用させてもらっています。管理画面の見た目は結構古い感じだったりします。 サーバーによって当たり外れがある(異様に遅いサーバーがたまにある)ので、遅いようだったらサーバーを変更してみると良いと思います。

conoha

当サイトをホスティングしているサーバーです。ウェブサイトの表示速度は、ここで紹介している中で最も速く感じます。料金が1時間単位なので、サーバー増強などを柔軟に行えるのが強みです。